笑顔がもたらす効果

患者が安心できる看護を提供する

働きやすい環境づくり

看護師の仕事は、誰が見ても大変そうだと感じる仕事です。人の命に携わっている職業なので、体力だけではなく精神的にも大きな負担がかかっているのではないでしょうか。実際に看護師として働いている人は、イメージよりもはるかに大変な仕事だと感じているのかもしれません。少しでも看護師の負担を減らすためには、残業を無くすということが重要です。
現在、全国の医療機関で看護師が不足しています。人手不足になってしまうと、当然看護師一人一人にかかる負担が大きくなるのです。当たり前のように残業を強いられている看護師も多いでしょう。交替制の場合は、20%以上の看護師が月に30時間以上もの残業をしているというデータもあります。それだけ多くの看護師が残業を強いられ、心身共に疲れた状態であるということです。特に若い看護師は、「体力があるから」「まだ新人なんだから」という理由から仕事を任されるケースが多く、20代看護師の疲労感はとても大きなものとなっています。こういった疲れた状態というのは本人が辛いだけではなく、医療現場で大きなリスクを伴うことがあるようです。
疲れていれば、正しい判断力や集中力がなくなってしまいます。体力的にも精神的にも限界だと感じれば、退職という道を選択する看護師も出てくるでしょう。そうなってしまえば、さらに他の看護師への負担が大きくなるのです。これでは悪循環を生んでしまい、リスクを増やしてしまうことになります。
看護師は命に携わる仕事をしているので、医療機関はできるだけ良い職場環境を作っていくことが大切です。残業が無くなるように工夫し、看護師一人一人が働きやすいと思える環境作りが今後の課題だと思います。また、自分が努力しても一向に職場環境がよくならない場合は、転職をするのも一つの方法です。ぜひこのサイトを参考にしてみてください。→→→《病院は社交場~心のリハビリ相談窓口~