笑顔がもたらす効果

患者が安心できる看護を提供する

患者が求める癒しとは

あなたはどのようなことで癒しを感じますか?疲れているときにマッサージをしてもらった時や子供の無邪気な笑顔を見た時など、人が感じる癒しはさまざまです。何かしらの病気を抱えている患者は、どのようなことで癒しを感じるでしょうか。健康な人が感じる癒しとは、少し違うかもしれません。具体的に見ていきましょう。
実際に、患者へアンケートを行ったデータがあります。それによると、「そばにいてくれる」「日常生活のケア」「細かな配慮」によって、癒しを感じた患者が多かったそうです。入院生活が長くなると、毎日毎日お見舞いに来てくれる人が少なくなっていくかもしれません。一番身近な存在の看護師が話を聞いてくれたり共感したりしてくれることは、何よりも心が癒されるのだと思います。一人で食事をすることやトイレに行くことがが難しかったり手や肩等をマッサージしてくれたりと、看護師が日常の中でさまざまなケアをしてくれることによって、癒しを感じるようです。食事やトイレの介助は、最初は恥ずかしくもあり申し訳ない気持ちもあると思いますが、看護師の対応で癒しを感じるまでに信頼関係が生まれるのでしょう。笑顔や優しい心配りなどで癒しを感じる患者も多くいます。一見普通のことですが、看護師は多忙なので患者一人ひとりと向き合うのは、なかなか難しい時もあるようです。そんな中で、いつもしっかり向き合ってくれる看護師の配慮に癒しを感じるのだと思います。
看護師の癒しは、魔法の特効薬でもあるでしょう。人を癒すためには、まず自分を癒すことが大切です。そのため、看護師の働く環境がよりよくなっていけば、さらに多くの癒やしを提供することができるのではないでしょうか。